BRAND HISTORY

2013年10月にジョン・モールトン博士によりカリフォルニア州サンタバーバラに設立された、イン・イヤー・モニタータイプのイヤホンを専門とするオーディオブランドです。会社設立以来海外で数多くの名誉ある賞を獲得するなど、世界最高峰のオーディオファン向けイヤホンブランドとして高い人気を誇ります。特に、ジョン・モールトン博士はオーディオロジスト(聴覚学者・聴覚専門医)であることで知られており、専門家の知見を生かした製品づくりがなされています。

2018年5月、さらなる経営基盤の確立のため、ジョンの兄ジムがNoble Audioの50%のオーナーとして新たに参加し、テキサス州ホワイトハウスに新法人Noble HiFi,LLCを設立しました。新しいチームメンバーとなったNoble Audioは、これまで以上のお客様の期待を超える製品を提供するとともに、これまで以上に優れた組織として成長することを目指しています。

創立者ジョン・モールトン博士略歴

14歳の時からアメリカの電子部品小売り大手Radio Shackにてカーステレオの設置業務に携わるなど、若くして音響の世界に興味を持っていたジョンは、聴覚学の博士号を取得した後、5~7年の実地研修を経て聴覚学の講師となりました。聴覚専門医は難聴の診断・治療・補聴器の調整・リハビリ・難聴の予防を行う専門家ですが、ジョンはこれら全てをこなす一方で、蝸牛インプラントの外科助手としても活躍しました。ジョンの父親もまた聴覚学者であるとともに言語病理学者でもあったことから、ジョンの人生はまさに聴覚科学に彩られたものであったというべきでしょう。そうした環境にあって、ジョン自身が聴覚学において最も関心を寄せたのが補聴器の製造だったのです。

2008年当時、ジョンはタイの補聴器会社に勤めており、会社のラボで彼が作成したいくつかのカスタム・イン・イヤー・モニターの写真をアメリカ最大のヘッドホン関連コミュニティHead-fiに投稿していました。その造形的な美しさが話題となり、ジョンに“Wizard”という愛称が定着していきました。その後、ジョンはNoble Audioを創立するに至ります。

現在、Noble Audioが発売する“Wizard” ジョン・モールトン博士が生み出すイン・イヤー・モニターはカスタムとユニバーサルの二つのタイプがあります。ジョンの作成するカスタムタイプは木材などの天然素材を生かしたものが多く、またアーティスティックな仕上げであることでも知られています。ユニバーサルタイプは精密加工によるアルミニウム・ハウジングを採用していますが、こちらも同様に手作業での製造を行い、趣味製品にふさわしい美しい仕上げとなっています。

スタッフ略歴

新たな出発を果たしたNoble Audioは、以下のスタッフにより運営されています。

Jim Moulton

ジムは、米国の大学を卒業後、アメリカのトップ10の大学とされるテキサス大学のロースクールを卒業しました。彼は20年間企業法を実践している弁護士でもあり、現在はNoble Audioの最高財務責任者と米国での販売業務を担当しています。

Fumie Moulton

ジムの妻であるフミエは、流暢な英語を話す日本人で、製品の出荷業務と日本市場の販売業務を担当しています。

Victor Claes

ビクターは、タイに居住していますがスウェーデンの市民でもあります。タイ語と英語の両方に堪能なビクターは、日本および中国以外のディーラー向けセールスと部品調達を担当しています。

Nancy Lee

ナンシーは、Noble Audioの会計責任者であるとともに、中国市場の販売業務ならびに顧客対応を担当しています。