NOBLE UNIVERSAL FIT

Noble Audioのユニバーサルタイプのイン・イヤー・モニターはReference familyとMusical familyの二つのプロダクトラインがあります。Referenceはモニター的な用途に最適化されたモデルで、フラットな音質傾向をベースとしたNoble Audioの新しいラインナップです。また、MusicalはNoble Audio創立時から多くのファンを獲得してきたサウンド・シグネチャーを重視した豊かな音楽性を備えたラインナップです。

米Knowles製BAドライバーを全機種で採用

Noble AudioのUniversal Fit製品は全てのラインナップにおいて米Knowles Corporationのバランスドアーマチュア(BA)ドライバーを採用しています。65年以上の実績を持つ同社はイリノイ州のアイタスカにあり、現在はヨーロッパ、アジア、北米のデザインセンターを始め、世界37ヶ所に従業員10,000人以上を抱える小型マイクおよびレシーバーのグローバル・サプライヤー企業となっています。1954年に世界初の補聴器用の極小マイクとレシーバーを開発して以来、BAドライバーの多くの特許を保有する企業としても知られています。

BAドライバーは同社の創業者であるHugh Knowles氏によって発明され、以来同社はBAドライバーの基本特許を有するほか、設計および生産において50年以上の経験を有してきました。同社は市場の聴覚健康機器の70%のシェアをもち、プロフェッショナルオーディオ、コンシューマーオーディオ問わず広く同社のBAドライバーが使用されるなど、革新的なBAドライバー製品を提供し続けるグローバル・リーダー的存在として、BAドライバーにおける世界最大のサプライヤーとなっています。また、同社のBAドライバーは、生産工場で個々に調整し試験されたのち出荷されるなど、品質が安定していることも特長です。

BAドライバーは、一般にイヤホンやヘッドホン製品において採用されているダイナミック型ドライバーとは異なり、電気信号を用いて小さな筺体の内部にある2つのマグネット間に配置された小さなリードを振動させることにより音波を発生させる構造です。リードの動きは非常に硬いアルミ製の振動板に伝わりますが、この振動板はオーディオバンド内で共鳴することなく、信号を変換することを可能としています。こうした構造的な利点により、小型かつ軽量な設計が可能となっています。

 

Knowles製特注仕様ドライバー「Noble Driver」

また、イヤホンやヘッドホン製品において高忠実度再生を実現するためには、ドライバーとイヤピースの整合のとれた設計に配慮する必要があります。BAドライバーを複数使い帯域分割したマルチドライバー構成やダイナミック型ドライバーとのハイブリット構成を採用する場合には、更にその重要性が増します。そのため、Noble Audioは、製品機構設計にマッチしたカスタム・チューンのBAドライバー「Noble Driver」を一部の製品で採用しています。「Noble Driver」は長年の経験を有するKnowles社のエンジニアの協力のもと、ジョン・モールトンの設計思想を踏まえ最良の音質を実現するために開発されたものです。

 

精密削り出し加工のアルミニウム・パーツ

Universal Fitで採用されているアルミニウム・パーツは、カリフォルニアで設計・精密機械加工されており、高度な三次元切削加工プログラミングを用いてアルミニウム合金ブロックからの削り出しにより製造されています。(KATANA、KAISER ENCOREはハウジング、フェイスプレート共に削り出し、その他はフェイスプレートのみ削り出し)

Reference family

KATANA

SAGE

SAVANNA

Musical family

KAISER ENCORE

DJANGO

DULCE BASS

TRIDENT