静電型を含む新トリプルハイブリッド構成を採用した、Noble Audio最新フラッグシップIEM

Noble Audio「Sultan」は、静電型ドライバー、BAドライバー、ダイナミックドライバーという3種の異なるドライバーを組み合わせることで、さらなる理想を追求した最新フラッグシップモデルです。

Khan発表後に寄せられたフィードバックに基づいて、ドライバー構成やネットワーク構成をさらに洗練させたSultanはよりワイドレンジでフラットな再生能力を獲得し、Noble Audioの新たなフラグシップにふさわしい作品に仕上がりました。

製品バリエーション品番JANコード商品ジャンル希望小売価格発売時期
SultanNOB-SULTAN4562314015133ユニバーサルIEMオープン価格(市場予想価格税別327,000円前後)2020年7月10日

製品の特長

静電型を含む異なる3種のドライバーを駆使し、超ワイドレンジ10Hz〜70kHzを再現する新トリプル・ハイブリッド構成を採用

Noble Audioは、ダイナミックドライバーを特長とするEDCシリーズを除いては、これまで全てのIEM製品はバランスドアーマチュアドライバーを採用してきました。しかし、全てのドライバーには技術的な制約があり、完璧なものは存在しないということは、お客様の誰しもがご存知なことでしょう。そこで、Noble Audioはピエゾドライバーを搭載したKhanの開発において、3種類のドライバーそれぞれを得意な帯域毎に割り振ることで最適な形で利用する手法「Tri-level Hybrid Technology」を実用化しました。Noble Audioでは、Khanの開発と発表後のお客様からのフィードバックに基づいて、研究を進め、理想的なハイブリッド・ドライバー構成を常に模索しています。

Sultanでは、優れた超低域・低域特性を持つ10mmダイナミックドライバー、優れた中音域・高音域特性を持つ4基のKnowles製バランスドアーマチュアドライバー、ピエゾドライバーに代わって優れた超高域特性を持つ静電型ドライバーをそれぞれ採用し、各種のドライバーの長所を最大限引き出す、新しいアプローチに挑戦しました。その結果、最低域10Hz、最高域70kHzを再現する超ワイドレンジ設計を実現。これまでのNoble Audio史上最も広い再生周波数帯域を確保しました。

Sonion製静電型ドライバーをデュアルで採用。極めて高い解像度でありながらシルキーな高域、三次元的な音場表現や立体感を再現

Sultanは超高域用ドライバーに、Sonion製静電型ドライバーをchあたり2基搭載しています。Sultanで採用されている超軽量の可動膜は、理想的かつ正確な過渡応答を実現し、他に類を見ない明瞭さとディテールを実現しています。また、デュアル搭載することで、よりダイナミクスあふれる表現力を獲得しています。

「静電型ドライバー」とは?

静電型ドライバーは従来のダイナミックドライバーやBAドライバーとは全く異なり、静電気の力を使って超薄膜・超軽量の薄膜を振動させる動作原理を用いたトランスデューサーです。一般的には、2つの導電性金属グリッドの間に(導電性材料で被覆された)薄膜を配置した構造になっており、薄膜はグリッドに対して高いDC電位に保たれます。オーディオ信号はグリッド間に印加され、この結果、薄膜が音響信号に応答して動いて音が形成される仕組みです。

従来の静電型ドライバーは、高い電圧を確保するための専用アンプが必要であったほか、軽量・小型化が難しく、イヤホンのシェルに収納することが困難でしたが、Sonion製静電型ドライバーは、専用の昇圧用トランスを搭載することで、小型化に成功しました。また、トランスを用いることで、従来のイヤホン・ヘッドホン用のアンプ回路でもドライバーを駆動することが可能になりました。

米Knowles製BAドライバーを採用

Noble AudioのUniversal Fit製品は全てのラインナップにおいて米Knowles Corporationのバランスドアーマチュア(BA)ドライバーを採用しています。65年以上の実績を持つ同社はイリノイ州のアイタスカにあり、現在はヨーロッパ、アジア、北米のデザインセンターを始め、世界37ヶ所に従業員10,000人以上を抱える小型マイクおよびレシーバーのグローバル・サプライヤー企業となっています。1954年に世界初の補聴器用の極小マイクとレシーバーを開発して以来、BAドライバーの多くの特許を保有する企業としても知られています。

BAドライバーは同社の創業者であるHugh Knowles氏によって発明され、以来同社はBAドライバーの基本特許を有するほか、設計および生産において50年以上の経験を有してきました。同社は市場の聴覚健康機器の70%のシェアをもち、プロフェッショナルオーディオ、コンシューマーオーディオ問わず広く同社のBAドライバーが使用されるなど、革新的なBAドライバー製品を提供し続けるグローバル・リーダー的存在として、BAドライバーにおける世界最大のサプライヤーとなっています。また、同社のBAドライバーは、生産工場で個々に調整し試験されたのち出荷されるなど、品質が安定していることも特長です。

BAドライバーは、一般にイヤホンやヘッドホン製品において採用されているダイナミック型ドライバーとは異なり、電気信号を用いて小さな筺体の内部にある2つのマグネット間に配置された小さなリードを振動させることにより音波を発生させる構造です。リードの動きは非常に硬いアルミ製の振動板に伝わりますが、この振動板はオーディオバンド内で共鳴することなく、信号を変換することを可能としています。こうした構造的な利点により、小型かつ軽量な設計が可能となっています。

CNCマシニング加工による美しいアルミニウム削り出しシェル

Sultanにはアルミニウムブロック素材から加工した新型アルミニウムシェルを採用しました。CNCマシニングのカッティングヘッドを使用して切削加工することで、独自の形状を実現しています。また、フェイスプレートはすべてハンドメイドで行われ、研磨、ラッカー塗装、ペアマッチングを行い、個性的な外観をSultanに与えています。

※ フェイスプレートの制作は全てハンドメイドで行われるため、フェイスプレートの模様は左右を含め1つずつ異なります。模様を理由とする返品・交換はお受けいたしませんので、ご理解の上お買い求めください。

精密加工を施したステンレス製フィルター付きノズルを採用。長期の使用に耐える堅牢性を実現

Sultanのノズル部には、ステンレス製フィルターを採用しました。耐食性が高く長期の使用にも耐えるステンレスは、軽量で人体への刺激が少ない素材としても知られており、医療用器具でも多く使われています。

モノクリスタル・カッパー・ワイヤーを採用した純正ケーブルを採用

付属する着脱式純正ケーブルには、Noble Audioの新たな付属ケーブルとして「M3」で採用されたモノクリスタル・カッパー・ワイヤー(OCC)導体のケーブルを採用。耐久性と音質を高いレベルで両立したこのケーブルは、IEMの能力を余すところなく表現します。

Nanuk 903防水ケースの他、多彩なアクセサリーが付属

Sultanには新たな付属ケースとしてNanuk 903防水ハードケースを採用しました。Nanuk 903は気圧調整機構を搭載した高性能防水ハードケースで、イヤホンを強固に保護します。

仕様

ドライバー数7基
ドライバー構成【超低域・低域用】10mm径ダイナミックドライバー 1基
【中域用】Knowles製BAドライバー 2基
【高域用】Knowles製BAドライバー 2基
【超高域用】Sonion製静電型ドライバー 2基
再生周波数帯域10Hz-70kHz
クロスオーバーネットワーク4-way crossover
能率115dB @1kHz
インピーダンス16.5Ω
コネクター2-pin/0.78mm規格