よくある質問と回答

Noble Falcon 2 - FAQ

音声が途切れる、ノイズが出る

  • FALCONはこれまでのトゥルーワイヤレス製品に比べて通信に途切れが生じにくい商品となっておりますが、Bluetoothは無線技術であるため、状況によりオーディオデータの送受信が間に合わず、原理的に音が途切れる場合がありえます。状況により避けようがないことがあることを留意いただきたく存じます。
 
  • 近隣に同様にBluetoothを使用する機器が多数存在する状況や、商業施設の無線機器が多数動作するロケーションでは、無線が混信するため、影響を受けやすくなります。また、人の往来や建物が少ないように見えても、指向性をもって届く電波もあったり、時間単位でオンオフされている電波などで一時的に影響を受ける場合もあります。症状が場所や特定の時間に紐づくかどうかを留意いただきたく存じます。
 
  • 送受信機器の間を遮るものがないようにし、可能な限り近接する位置関係で使用してください。筐体をできるだけ物体で覆わないようにしてください。特に人体や金属で覆ってしまうと影響が大きくなります。
 
  • スマートフォンにケースをつけている場合、途切れが起こっているのならば非金属製の素材のものを使うなどの対応をお願い致します。電波が遮断され途切れやすくなる場合があるためです。
 
  • スマートフォンで使用している複数アプリケーションで同様の症状が発生するのか切り分けをお願い致します。ストリーミングサービスなど同時に通信処理が発生しうるものでは、スマートフォンの処理性能が十分ではないために、電波環境とは関係が無く途切れやすくなるシチュエーションがあります。オフラインダウンロードして使うなどで切り分けをお願い致します。アプリケーションが要求する処理性能に対してスマートフォンが非力であると切れやすくなる場合があります。
 
  • 使用するコーデックによって時間軸において要求されるデータ通信量が増減します。一般に音質が良いとされるaptXでは要求量が多いため、比例して途切れも起きやすくなる傾向があります。そのような場合はSBCを使用するか、SBCでも改善されない場合は、設定可能な端末であればAACを用いるなどの運用が適切な場合があります。コーデックを選択する機能や設定はトランスミッター側(ペアリングする再生機側)が担うものであるので、繋ぐ側の機器のマニュアルや仕様をご確認ください。設定メニューに存在しなくとも、Android端末では開発者オプションから設定可能な機種もあります。
 
  • コーデックを変更する場合、必ず送信側機器のBluetoothをオフにするか、FALCONの左右両方を充電ケースに収めて電源をオフにして、そのあと改めてオンにして再接続を行ってください。Bluetoothの仕組みとして、再接続を行わないと設定変更したコーデックが反映されないためです。
 
  • aptXを使用時に極めて通信環境が悪く安定していないとき、音声が復帰するときにノイズのようなものが発生することがありますが、コーデックの仕組みに起因するもののため、原理的に完全には回避することができません。 機器の不具合ではないため、どうしても発生させたくない場合は、別のコーデックを使用することなどを検討ください。

Permalink.

ペアリングができません

初めてペアリング操作を行う状況であるのか、別の機器とペアリングしなおしたいのかをまずご確認ください。

初めてペアリング操作を行う場合

イヤホン左右のLED点滅状態を確認してください。

 

①どちらか一方が白/オレンジの点滅をしている

イヤホンはすでにペアリングする準備が完了しています。スマートフォン側などでペアリングする操作が必要です。スマートフォン側でFALCON 2が一覧に表示されない場合、次をお試しください。

Android

デバイスリストの更新を行い「NOBEL Falcon 2」を探してタップしてください。ペアリングを許可するかどうかというようなウィンドウが出た場合は「ペアリング」や「許可」といったボタンを押してください。

iOS

Bluetoothをオンオフして表示を更新し、「NOBEL Falcon 2」を探してタップしてください。ペアリングを許可するかどうかというようなウィンドウが出た場合は「ペアリング」や「許可」といったボタンを押してください。

 

②左右どちらのLEDも白で5秒毎に3回点滅している

別の機器と既にペアリングされてしまっている状況です。以前ペアリングした機器からペアリング情報を削除するか、機器の電源をオフにしてください。

ペアリングした記憶がない、デバイスがすでにない場合、左右どちらかのマルチファンクションボタンを2回押してペアリングモードにします。

左右どちらも5秒毎で3回点滅している状況は、言い換えれば、何らかの機器と既に正しくペアリングが行われていることも示しています。

 

③どちらのLEDも白で5秒毎に3回点滅しているが、左右で点滅タイミングが合っておらずバラバラに点滅している

この状態ではペアリングは行えていますが、イヤホンの左右同士が正しく通信できていないことを示唆しています。そのため、片方からのみ音が出るといった状況を呈する場合があります。複数の機器とペアリングしているなら、目的の機器以外のBluetooth通信はオフするなどして接続されないようにし、一度両方とも充電ケースに収め、”赤色LEDがついたことを確認したあと、数秒待ってから”再度ケースから取り出してペアリングを行い、左右両方がタイミングよく点滅することを確認してください。

 

一部の TWS+ 対応機種とペアリングするとき

一部機種ではペアリングを行ったあと自動的に切断されてしまい、ペアリングモードに入っていたイヤホンとは逆のイヤホンがペアリングモードに入る状況を示す場合があります。このようになった場合は、もう一度デバイス一覧から「NOBLE Falcon 2」を選択してペアリングしてください。その後、使用可能になります。

別の機器とペアリングしたい場合

  1. 以前ペアリングした機器からペアリング情報を削除するか、過去にペアリングした機器の電源をオフにしてください。
  2. 過去にペアリングしたデバイスがすでに近隣にない場合、暫く待つとイヤホンは自動的にペアリングモードに入ります。ペアリングモードに入らない場合は左右どちらかのマルチファンクションボタンを2回押してペアリングモードにします。
  3. または、充電ケースに収めてオレンジLEDが点灯した後、数秒待ってから取り出すとペアリングモードに入れます。

Permalink.

aptX Adaptiveについて

概要
  • aptX Adaptiveはアルゴリズムに基づいて自動的に動作モードが決定され、低遅延、高ビットレート、低ビットレートモードの判断が使用状況に基づいて自動で行われます。ユーザーが明示的に選択することができません。そして、動作状態が今何であるのかを確認するUI(ユーザーインターフェース)が用意されておらず、ユーザーが状態を把握いただくことはできません。
  • aptX AdaptiveはaptX LLを置き換える技術として謳われておりますが、aptX LLと互換性があるというわけではないため、aptX Adaptive非対応かつaptX LL対応機とペアリングしたときには別のコーデック(例えば aptX など)で接続されます。
  • aptX Adaptiveのレイテンシは、Bluetooth伝送域も含めたシステム全体で 50~80msが目安とされており、aptX LLは40ms未満を目安に設計されているため、使用目的によっては aptX LL 対応機器同士を組み合わせたシステムと同等の使い勝手とはならない場合があります。ゲームなどの即応性が求められる利用環境では必ずしも期待した結果にはならない場合があることを留意ください。
Low Latency Mode(低遅延モード)について
  • 低遅延モードの動作切替は、スマートフォン側の内部処理によって音声ソースに応じて自動的に使用されるかどうかが選択され、外部システムからは動作状態を確認することやモードの切替が任意ではできないようになっております。イヤホン側では低遅延モードで動作しているかどうかを確認する方法が提供されません。
  • ゲームなどのコンテンツに対して音声遅延を低減することが謳われておりますが、すべてのゲームでユーザーの思ったように低遅延モードで動作するとは限らない現実があり、個々の動作可否の組み合わせについては技術要素自体に非公開の部分が多いために、代理店でもお答えすることが難しい状況にあります。「~では低遅延モードで動作しますか」という類のお問い合わせには、個々にお答えできないことを事前にお断りさせていただきます。この機能を製品選択の理由とされる場合には、事前にデモ機などでお試しいただいてからご検討いただくことを強くお勧めいたします。

Permalink.

[FALCON 2] 通話に関するトラブル

通話が途切れる、相手の声は聞こえるがこちらの声が届かないなど方通話になるときは、スマートフォンを使用している場合は基本的にデータあるいは音声通信品質とBluetooth通信品質の2つが関連して発生します。生じたときは主に利用環境下に原因があるためスマートフォン内蔵マイクやスピーカーに切り替える運用とするか、aptXを使用している場合はSBCあるいはAACコーデックでの運用を検討ください。

パソコンを使用している場合は通話に使用するアプリケーションとOS両面の音声入出力デバイスは必ずしも同一とはならないので、アプリケーション側で設定ができておらず、意図とは食い違いが生じている場合がほとんどです。お使いのアプリケーションの設定を確認しFALCON 2が使用されるように設定してください。Windows 10などでは「スピーカー」「ヘッドセット」といった異なる役割のデバイスとして複数表示される場合があります。また、排他動作となる場合が多いため、複数のアプリケーションが動作していると競合することがありますので、目的外のアプリケーションが関与していないかを確認願います。

また、片耳だけ付けた状態では正しくマイク集音できない場合があります。原則として両方を装着した状態で通話に使用してください。

Permalink.

外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)について

Falcon 2 はユーザーの安全を第一に考え、イヤホンを付けていても外音が聞こえやすくなる機能を備えています。

イヤホンのL側のマルチファンクションボタンを1回押すごとにオン/オフが切り替わります。外音取り込み機能をオンにすると、イヤホン内臓のマイクで周りの音を集音し、イヤホンから外の音を取り込んで再生します。

  • Falcon2が動作中であれば、音楽再生中かどうかに関わらず、任意のタイミングでオンまたはオフにすることができます。
  • 外音取り込み機能はあくまで補助的なものです。安全のため周りの音を注意深く聞く必要がある状況ではイヤホンを耳から取り出すようにしてください。
  • 医療用補聴器とは目的が異なる機能であるため、日常生活において利用者の聴力を補強するような機能はありません。
  • 主に静かな環境で外音取り込み機能を使用した時に「ザーッ」といったバックグラウンドノイズが目立ったり、外音取り込み機能をオンにした直後にのみ「ジジッ」といったノイズが目立つ場合がありますが、これは仕様であり、故障ではなく正常な動作です。

Permalink.

蓋を閉じるときにキーキーというような高い音がイヤホンから出る場合がありますが故障でしょうか

充電ケースに収めて蓋を閉じるときなど、時折、イヤホンからキーキー音や異常とおもわれるような音が出ることがあります。

これは「フィードバック」です。これはマイクの近くにスピーカーがありスピーカーからのノイズがマイクを通して「フィードバック」され音がブーストされてループを作っているときに起こることがあります。マイクを用いてスピーチするときなどに、これに類する現象が起こることを目にされた方も多いと存じます。つまり外音取り込み機能、ヒアスルー機能を使用したままケースにイヤホンを戻し、蓋を閉めようとしたときなどに発生します。原理的に起こるものなので完全に正常な動作になります。

FALCON2はフィードバックをなるべく防ぐように設計されていますが、なるべく発生しないようにするには、ヒアスルー機能をオフにしてからケースに戻す、ケースの蓋を締めるのときに勢いよく閉めずにゆっくり閉めるといった運用を行ってください。

通常の使用を行っている中で音響条件の変化により短いフィードバック音が発生することがあります。イヤバッドが正しく装着されていなかったり適切に扱われていない場合フィードバックはより頻繁に発生します。フィードバックは、ユーザーが耳にイヤホンを適切に装着していないことが原因で発生することもあります。また、イヤホンのマイク部分を覆ったり、FALCON2の音量を大きく設定しすぎたりすると、ハウリングが発生することもありますのでご留意ください。

Permalink.

取扱説明書

準備中です。

製品の保証に関するご案内

STEP1:修理・初期不良対応について

まず故障と判断される前に、本ページのよくあるご質問と回答、並びに製品マニュアルを参照いただきますようお願い申し上げます。修理点検や初期不良対応のご依頼については、購入された販売店へご相談ください。

Noble Audio FALCON アフターサービスについて

STEP2:Noble FALCON修理申込書

コールセンター並びにお問い合わせフォームで問い合わせた結果、点検等が必要と判断された場合に、お申込みされる場合に必要な書類などのご案内です。

Noble FALCON修理申込書

紛失安心補償サービス

「FALCON2紛失安心補償サービス」のホームページをご参照ください。

※保障サービスのお問い合わせは、nobleaudio.jp内のお問い合わせフォーム等からではなく、上記ホームページ記載の連絡先へお問い合わせください。

お問い合わせにあたっての重要なお知らせ

製品購入前のお問い合わせのまえにこちらをお読みください

<重要なお知らせ>

  • いただいたお問い合わせ内容とその回答は「よくあるご質問と回答」に順次掲載してまいります。
  • 回答は通常2営業日、繁忙期5営業日を目安にお送りします。弊社からの回答がない場合には、弊社からのメールがお使いのメールサービス/ソフトウェアで迷惑メールとして処理されていないかご確認をお願いいたします。
  • プレスリリースおよび当webサイトに掲載されていない事項については、お問い合わせを頂いても回答することができない場合がございます。
  • お問い合わせ内容とその回答は、サービス改善のために弊社または弊社が許諾した第三者が利用することがございます。

「どこで売っていますか?」というご質問について

正規輸入品取扱店一覧をご覧ください。

「~の販売予定はありますか?」「~は将来アップデートでできるようになりますか?」「~は将来対応しますか?」というご質問について

将来の製品の機能やラインナップに関するお問い合わせはお答えいたしかねます。いただいたご質問にはご返信をいたしませんので、予めご了承ください。

製品ご購入後のお問い合わせのまえにこちらをお読みください

<重要なお知らせ>

  • 弊社のサポート対象は弊社取り扱いの国内正規輸入品に限られます。使用方法のお問い合わせ、ソフトウェア・ハードウェアの不具合確認、修理のご依頼など、一切のサポートのご依頼は直接購入された海外の販売店にご相談ください。
  • いただいたお問い合わせ内容とその回答は「よくあるご質問と回答」に順次掲載してまいります。
  • 回答は通常2営業日から繁忙期5営業日を目安にお送りします。弊社からの回答がない場合には、弊社からのメールがお使いのメールサービス/ソフトウェアで迷惑メールとして処理されていないかご確認をお願いいたします。
  • 修理のご依頼はお買い求めいただいた販売店様(直販の場合は弊社)にご依頼ください。
  • プレスリリースおよび当webサイトに掲載されていない事項については、お問い合わせを頂いても回答することができない場合がございます。
  • お問い合わせ内容とその回答は、サービス改善のために弊社または弊社が許諾した第三者が利用することがございます。

お問い合わせ先

メールフォーム

お問い合わせフォーム

電話(Noble Falcon専用ダイヤル)

0570-057067

  • Noble Audio FALCON 2ご購入に関するご相談、または使い方などのテクニカルサポート専用番号になります。そのほかの製品のお問い合わせなどにはご対応できません。そのほかの製品に関するお問い合わせは、お問い合わせメールフォームからお願い致します。
  • 受付時間: 土日祝日を除く、11:00-17:00
  • 番号通知でおかけください。
  • 法人の方につきましては、お取引内容や業務に関するご相談は当番号宛にはおかけにならないようお願い致します。各お取引先様の弊社担当営業宛、あるいは会社間で取り決めさせていただいている宛先に連絡をお願い申し上げます。